2月4日(火)この日も店を閉めてから、いつものようにウォーキング。暖冬で歩く回数も今年は多くなっている気がします。
半月を過ぎた月で、星々も薄くなっています。
薄いといえば、オリオン座のベテルギウス。赤色超巨星で太陽の位置にこの星を置くと、木星近くまで達するという大きな星です。星の末期でいずれは超新星爆発をすると言われてます。昨秋辺りから、減光していてその兆候かとも。一度は底を打った(増光に転じた)とも、情報がありましたが、依然減光が続いてるようです。
 長い星の寿命でたまたまその場面(超新星爆発)に出会うことは無い気がしますが、かに星雲のケース(1054年)もあるんで、もしや・・(^_^;)
 実際、元は一等星のベテルギウスの明るさは、左肩の2等星のγ星と同じぐらいの明るさになっています。このまま減光していって、爆発して(直後、何ヶ月かは日中でも見える明るさに)最後には肉眼では見えないようになってしまうのでしょうか。そうなると慣れ親しんだ、オリオン座の形が変わるのは悲しいことです。

 などなど、思い巡らして歩いていると、低空飛行の飛行機がやってきました。年明け6日頃から飛び始めたでしょうか、週二回ほど、お天気がいい日。だいたい夜、6時から9時までの間です。

 この日も、東、狩山の方からの機影を立ち止まって見ていると、少し前に大きな黒い鳥のようなものが飛んでいるのが、見えました。
「鳥だ!」
「飛行機だ!」
「スーパーマンじゃない」
「飛行機や!」
全く警告灯も点けずに影のように低空飛行の飛行機の上を寄り添っって飛んでいました。月は当然、その上だし、何かの反射で影ができるとしても、この晩は、全然もやってなかったし・・。ステルスのようなものだっったのかしら~。形は普通の飛行機の形って感じでしたが・・・。
なんかゾッとするような、見てはいけないものを見てしまったような・・・。
消されたらこのせいかもよ~(^_^;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント