それから

 FMトランスミッターその後・・・
 取り敢えず、シャッフルを繋げてみました。どうせ聞くのはシャッフルにしたままだし。曲送りもかえって操作しやすい。
最初繋げた時は感度が悪くて、これは・・・と、思ってましたが、チャンネルを変えるとクリアに聞こえるようになりました。順調に行っていたのですが、途中から接触が悪いのか、音が出なくなりました(TдT)こうなるとシャッフルだと鳴っているのやら、どうなのか分からなくなるのです。ええい、もう、とCDに変えてしまいました。
 しばらくCDでやってみるかな。新しい曲はどちらにもないなぁ~。

 それから、連休中に障子の張替えをしました。
この日のために新兵器も。
画像
金属の定規と障子用カッター。
 障子紙は新しく買ってきた「2倍強い」言うのでしたが、開けてみると、薄い。
それでも、強いと言うならと貼ったのでしたが・・・・失敗?シワが寄ってしまいました(TOT)
おまけに、取り外せない一枚をベランダ側から桟に糊付けして、紙を合わせようとしたら、風が吹いてきて、桟にぺったり!そのまま位置を合わしたので、糊の跡が付いてしまいました(-.-;)
画像
普段なら、キレイに張れた障子を見て「ムフフ」とか喜んでいるのですが、ああ、あまり見たくない。張り替えようかどうしようかと迷うところ。こんなに失敗したのは初めてだ。やっぱり、薄い紙だと難しいのか・・・。早い時期に張り替えるかも。
 失敗に臆して、あと4枚をどうしようかと迷いましたが、翌日に小さめサイズを二枚張り替えてみました。注意をして何とか、およそ(?)キレイに張り上がりました。ホッ。あと、2枚・・・。
 
 新兵器の定規は持ちやすいし、プラスチックと違って、カッターの歯が食い込まないので使いやすかったのですが、カッターの方は一辺を切ったら後は切れなくなりました・・・。普通のカッターの鋭い切っ先では、紙の繊維を引き連れて切りにくいので、いいアイデアと思ったのですが、最近は紙の方が改良が進んで、普通のカッターでも切りやすくなってきました。結局、普通のカッターで新しい刃にしたら快適に切れました。

 今回、畳を上げないと外せない障子を、桟の上を、また少し削って外せるようにしたのが、収穫かな。敷居より1,2ミリ出ている畳のヘリを踏んづけて、はずせるようになりました(笑)。畳を180度回転させるといいかもね。


 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック