メッカ?

 前回、ブログをアップして、「安居渓谷」とか検索していると、キレイな滝の写真が。一瞬、安居渓谷奥の大滝(オオタビ)かと思ったら、千仞峡、見返りの滝から沢沿いに登ったところにある滝でした。(一部のブログでは大滝と書いている方もいましたが)知らなかった。通称「屏風の滝」のようです。

 この沢はどうも沢登りをする人にとっては、有名とも言えるルートのようです。県外からも登りに来る人がいるようです。

 歩いて行けないかと、いろいろ読んでみました。沢にそって登山道(森林の管理道)が地図上にもあるようですが、ブログには荒れて、崩落もあって、山に慣れた人たちも迂回の林道(!宮ケ平から大森川ダムに行く道)7.5キロを歩いて下るか(前もって車をもってきておくか)、もと来た沢を下るかしないと行けないみたいです。

 かつじじが見たら、開発に乗り出したのではないかと思います(^^)

 沢登りをする人だけの特権ですね。


 「安居渓谷 沢登り」で検索して御覧ください


 宮ケ平~大森ダム林道、二度ほど以前に行きました。2度めは家族3人で本川まで。今もオフロードバイクは行っているのでは?
 この沢登り終点あたりのところまで、行ってみたいですね。渓谷に下ろしてきた、安産の神様の藤六様があったところ(広沢)のようです。昔は集落も、たしか分教所もあったところ・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック