シュンギク 霜よけは?

 先週の終わり頃、明朝は冷え込みが厳しいと言うことで、シュンギクは大丈夫かな。生育温度が15度~20度という事で、こりゃ寒かろうと、不織布を外して、ビニールで覆うことに。
画像
温室のようで、こりゃいいわ♪丁度のビニール袋もあったし。
 そして、翌朝はこの冬はじめての霜。結構、しっかりと降りてます。タイミングも良かった。と、思っていたら、野菜作りの他の人のブログを見てみると、ビニールトンネルでも、裾の方やら、所々は穴を開けておくこととか・・・何でも密閉すると、放射冷却の対流で反って、冷えてしまうとか。OH!NO!

 見てみると、どうにか無事のようです。ヤレヤレ、ホント、野菜栽培奥が深い、と言うか、種類ごとのお世話が違って、覚えきれない・・・。偉いですね~野菜作る人は・・(;´∀`)

 また、不織布に掛け直しました。なにやってるんだろー。(´ε` )

 シュンギクのビニール掛ける前に、間引きました。
画像
お鍋に入れて、美味しくいただきました。

 キャベツの苗は買いに行けず・・・もうないやろうね~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック