なつかしCD

 たまに無性にあの曲、あのアルバムが聴きたいと思う時があります。

 最近、買うと言えばそんな懐かしいCDばかり。

 今回はこれらをポチっとな
画像

 
 どちらもオリジナル曲も入ってますが、クラシックやポップスのフュージョンアレンジです。
 
 ガーシュインのラプソディー・イン・ブルーと言えば私にはこのデオダードの曲が思い浮かびます。(ラプソディー・イン・ブルーと言えば、BSで多くやっていたYANASEのCM好きだったな)

 もう一枚、ヒューバート・ローズ、フルートですが、これのチャイコフスキーのバレエ音楽の「ロミオとジュリエット」も時たま聞きたくなります。時々探していたのですが、出ていなくて、今回たまたま検索してみると、期間限定で出ていたので、ポチっとな。
 聞いてみると、レコード盤ではB面から聞いていたんだと分かりました(^^;)曲順が・・・。

 探していると言えば、一枚CDでほしいのがあるんですが、どうもCDでは出ていないようで・・・いいアルバムだったと思うのに・・・ベスト盤で一部入ってるかという感じ。レコード会社が変わっているので出ないのかもしれません。(;´Д`)
聴けば聞き倒しているので、すぐ飽きるかもしれないけれども好きだったアルバムでしたわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック